【Dead by Daylight】パソコン版とPS4版の違い

【Dead by Daylight】パソコン版とPS4版の違い

Dead by Daylight(デッドバイデイライト)は、パソコン版(Steam)だけでなく、PS4(プレイステーション4)のパッケージ版が販売されましたね。

どちらを買おうか悩んでいる方のために、パソコン版とPS4版の違いを比較解説してみました。購入の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

基本的には同じ

1人の殺人鬼と4人の生存者が対戦する、命を懸けた鬼ごっこ

1人の殺人鬼と4人の生存者が対戦する、命を懸けた鬼ごっこ、という基本的なゲームシステムは同じです。

パソコンでもPS4でも、全ての殺人鬼で遊ぶことができます。

生存者「ビル」はパソコン版のみ

生存者「ビル」はパソコン版のみ

パソコン版にしか登場しないキャラクターが1人だけいます。生存者の「ウィリアム”ビル”オーバーベック」です。

では、なぜビルはパソコン版にしか登場しないのでしょうか?それは、ビルがパソコンのゲームストア(Steam)を運営する会社(Valve)のキャラクターだからです(ビルは「Left 4 Dead」というゲームのキャラクターです)。Valveとしては、自社ストアでの売り上げを伸ばすために、ビルを提供しているだけなので、PS4で登場しないのは仕方ないところですね。

そのため、どうしてもビルを使いたい!という方はパソコン版を購入するしかありません。ただし、PS4版では、ビルの固有パーク(置き去りにされた者、与えられた猶予、不滅)が最初から共通パークとして開放されているので、パークで不利になることはありませんから、安心してください。

映像の滑らかさ:PCが上

30 FPS vs. 60 FPS Gaming

パソコン版とPS4版では、映像の滑らかさが違います。パソコン版は最大60fps(1秒当たり60コマ)で表示されますが、PS4版では最大30fpsに抑えられているため、急な動きをすると、カクツキや残像感を感じることがあります。上のYoutube動画は60fpsと30fpsの比較ですが、30fpsでは背景の映像が残像のように流れているように感じませんか?

fpsとは、frame per secondの略で、1秒当たりのフレーム(コマ)数のこと。fpsが小さいとパラパラ漫画のようにコマ送りな映像になり、fpsの値が大きいほど映像が滑らかになる。デッドバイデイライトのようなゲームでは、最低でもfpsが60以上あると良いとされている。

このカクツキによって、PS4版では、生存者の『旋回』による攻撃回避が成功しやすくなります。そのため、PS4では、キラーが若干不利と言えるでしょう。

ただし、パソコン版でもパソコンの性能が十分でないと、映像の描画が遅れてカクツキが発生しやすくなりますので、ミドルグレード以上のゲーミングパソコンを使うことが重要です。

操作性:キーボード+マウスvsゲームパッド

操作性は、キーボード+マウスのパソコン版の方が明らかに上です。

特に差があるのは、エイム力(視点移動)です。パソコンのマウスカーソルをなかなか合わせられない!という方はあまりいませんよね。クリックしたい場所に一瞬でカーソルを持って行けると思います。ゲームパッドでは、マウスほど正確にカーソルを合わせられません。

そのため、PS4版では、サバイバーの旋回回避に対応するのが若干難しくなります。さらに、ナースやハントレスなど、正確で瞬時の視点移動が必要なキラーをPS4で扱うのはさらに難しいといえるでしょう。キラーもしっかり楽しみたいなら、PS4だと苦戦するかもしれません。

テストサーバー(先行リリース)はパソコンのみ

新キラーやアップデートの前には、ゲームバランスの調整やバグのチェックのために、テストサーバー(PTB)が解放されることがあります。

テストサーバーは、リリース内容を1~2週間先取りして楽しめるので、テストサーバーに参加したいなら、パソコン版を購入したほうが良いでしょう。ただし、テストサーバーの内容は製品版でも(微調整の上で)実装されますので、PS4版でも大きな問題にはなりません。

チャット機能はパソコンのみ

チャット機能はパソコン版にしかありません。

チャット機能があれば、サバイバー同士で交流できたり、試合後に健闘を称えあったりすることができます(残念ながら暴言を吐く人もいます)。しかし、チャットがあってもゲーム性に影響があるわけではないので、チャットがなくても問題ないでしょう。

どちらがおススメか?

総合的には、機能面でパソコン版が優れているといえます。

特にキラーで遊ぶことが多いなら、パソコン版の方が快適に操作できます。PS4でやりこんだプレイヤーの中には、快適性を求めてパソコン版も購入した方も多いです。そのため、ゲーミングパソコンを持っている、もしくはゲーミングパソコンを購入するつもりなら、パソコン版を購入したほうが良いでしょう。

ですが、ゲーミングパソコンを持っていなかったり、購入する予定がない方は、PS4版でも十分にデッドバイデイライトを楽しむことができます。どちらにするか迷っている方は、手を出しやすい方から楽しんでみるとよいでしょう。

パソコン版(Steam)

パソコン版はSteamというゲームストアでのみ販売されています。

Amazon等の他のストアでは販売されていないので、注意が必要です。

PS4版

PS4版を入手するには、プレイステーションストアからダウンロードするか、パッケージ版を購入すればOKです。

Dead by Daylight: スペシャルエディション
※CERO「Z」のコンテンツ(ゲーム本編及び体験版)をご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。ご購入のときに、ウォレットの残高にかかわらず、コンテンツの価格と同額がクレジットカードから支払われます。※CERO「Z」(18才以上対象):この作品には、18才以上対象の内容(CERO審査)が含まれています。...
タイトルとURLをコピーしました