【DbD】勝ち負けの基準は?

デッドバイデイライトの勝ち負けの基準は?

1対4で戦うデッドバイデイライトでは、勝ち負けはどうやって決まるのでしょうか?

一般的な1対1の対戦ゲームの場合、試合結果は明確で、勝ち・負け・引き分けになります。2対2など同じ人数同士で戦う対戦ゲームでも同じです。しかし、デッドバイデイライトは、1対4の非対称な対戦ゲームです。こうしたゲームの場合、勝利条件はどうなるのか、を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

明確な勝利条件はない

驚くかもしれませんが、デッドバイデイライト(デドバ)では、明確な勝利条件は設定されていません。

試合の結果画面には、「処刑された」「無慈悲な殺人鬼」などが表示されますが、「勝利」や「敗北」とは表示されません。デドバの開発会社自体が勝利の基準を曖昧にしていると言えるでしょう。

これは、デドバがPUBGやOverwatchなどのように競技性を重視するゲームではなく、ホラー映画の雰囲気を楽しんでもらうための対戦ゲームだから、と言えるかもしれません。勝利条件は、プレイヤー自身が判断して楽しんでね、というスタンスです。

ただし、それでも勝ったのか負けたのか、はっきりしたい!と思うのが人情でしょう。そこで、多くのプレイヤーが勝利条件と考えているものを解説したいと思います。

殺した人数で判定

殺した人数で勝利判定するのが一般的

もっとも基本的な勝利条件は、生存者4人を1つのチームと考えて、殺人鬼が何人殺したか?で勝利を判定する方法です。この基準では、自分1人の結果が良くても悪くても、チームとしての結果が良ければ勝ち、悪ければ負けだと判断します。

4人のうち半数以上の3人が殺されれば、殺人鬼の勝利、半数未満の1人以下しか殺されなければ、生存者側の勝利と捉えることが一般的です(全滅のみ殺人鬼の勝利と考える方もいますが、少数派です)。

殺害人数勝利判定
4殺人鬼側の勝利(完勝)
3殺人鬼側の勝利
2引き分け
1生存者側の勝利
0生存者側の勝利(完勝)

デドバをチーム対戦ゲームだと考えると、この勝利条件が適切でしょう。殺人鬼のプレイヤーにとっては、一番納得できる勝利条件ではないでしょうか。

ただし、この勝利条件だと、生存者チームの結果が一蓮托生になる欠点もあります。自分が死んでも3人脱出できれば生存者側の勝利になりますし、自分1人がどんなに頑張って脱出しても、他の3人が殺されれば生存者側の負けになります。

特に4人の生存者が赤の他人の場合、他人の結果はどうでも良くて自分が生き残るかどうかが大事!と思う方も多いでしょう。その場合、次の表のように、生存者1人1人それぞれに勝利条件が設定されると考えることもできます。

試合結果勝利判定
生還勝利
死亡敗北

この方法では、生存者側に「勝利」と「敗北」が混在することになりますが、4人がお互いを味方だと思っていない場合、この方法が一番納得できると思います(他人の結果は問わない)。デドバをホラーゲームだと考えると、この基準が一番盛り上がりますよね。

エンブレムシステムで判定

エンブレムシステム

もう1つの勝利条件は、運営の用意したエンブレムシステム(ランクシステム)を使う方法です。

この基準では、ランクポイント(pip;米粒)をもらえれば勝ち、失えば負けだと判断します。殺された人数に比べると、この基準でプレイしている方は少ないものの、ランクに結びついた勝利条件のため、自分の活躍具合に近い感覚が得られるのが特徴です。

pip(米粒)勝利判定
+2完全勝利
+1勝利
±0引き分け
-1敗北

この基準の最大のメリットは、ランクが関わってくるので、モチベーションを保ちやすいことです。ただし、この基準では、「全員が勝利」「全員が敗北」「全滅させても勝利にならない」など感覚的に変な結果になる事も多くなることには、注意してください。

ブラッドポイントで判定

勝利条件がないなら、ブラッドポイント(BP)が多くもらえたら、俺の勝ち!と判断することもできます。

そこまで行くと俺ルールじゃないか?もう何でもありなのか?と思われる方もおられるでしょう。ですが、ブラッドポイントでの評価は、初期のデドバのランクシステムに使われていました。以下の表は、初期のデドバのランクシステムです。

pip(米粒)BP
+220,000~32,000
+110,000~19,999
±07,000~9,999
-10~6,999

全逃げされても生贄にされてもBPさえ取れれば勝ちで、しかもその基準値も低め、という今から考えれば、のどかな時代です。しかし、全員のランクが上がりやすく、全員が勝利扱いになりやすいため、試合後に全員がハッピーになりやすかったかもしれませんね。

重要なのは楽しむこと

冒頭でも解説したように、デドバには明確な勝利条件はありません。そのため、どんな勝利条件にするかは、あなたが決めることができます。

この曖昧で緩いところがデドバの面白さだと思います。全員が違う目的(絶対生き残りたい!味方を助けたい!全滅させなくてもBP多ければ良し!など)で楽しんでいるからこそ、試合が面白くなるのです。デドバはゲームなので、楽しむことが一番重要です。楽しいと思える、あなたに合った勝利条件を見つけてみてください。

では、ステキなデドバライフを♪

タイトルとURLをコピーしました