【DbD】ハッチ解説

【DbD】ハッチ解説

デッドバイデイライト(Dead by Daylight)のハッチについて解説します。参考にしてください。

スポンサーリンク

ハッチとは?

ハッチ(脱出ハッチ)とは、生存者(サバイバー)が儀式(試合)から生還する(生き残る)方法の1つです。基本的な脱出手段の「脱出ゲート」を開けるには、発電機を5台修理(通電)する必要がありますが、ハッチはより緩い条件で使えます。

一般的に、ハッチは通電できなかったサバイバーへの救済措置と考えられています。しかし、通電できないサバイバーが永遠に隠密してしまうことを防ぐため、殺人鬼(キラー)にとっても、時間の浪費を防ぐ有用なゲームシステムです。

ハッチの出現条件・場所

ハッチは、儀式の開始時にはマップに存在しておらず、以下の条件を満たすとマップ上に出現します。

生存中の生存者ハッチの出現条件
4人5台の発電機修理を完了
(残り発電機0個)
3人4台の発電機修理を完了
(残り発電機1個)
2人3台の発電機修理を完了
(残り発電機2個)
1人無条件で出現

ハッチの出現場所はランダムですが、以下の場所には出現しません。

  1. 建物の2階など、直下に階層や部屋のある場所
  2. 地下フックの部屋
  3. 階段の途中(踊り場には出現する可能性あり)
  4. 段差のある地面
  5. 発電機やゲートなどのオブジェクトの真横

ハッチの使い方(生存者)

生存者はハッチから逃げられる

生存者がハッチを使う方法は2つあります。ハッチから逃げると、脱出の5,000BP(ブラッドポイント)に加えて、修理カテゴリで2,000BPが追加でもらえます。

  1. 開いているハッチから脱出する
  2. ハッチを鍵で開けて脱出する

ハッチは、最後の1人になると自動で開きます。しかし、複数人のサバイバーが残っている場合、ハッチを使うには、アイテムの「鍵」が必要です。ただし、緑色の鍵(壊れたカギ)だけはハッチを開けられないので注意してください。

アイテムスケルトンキースケルトンキーすり減ったカギすり減ったカギ壊れたカギ壊れたカギ
ハッチ開け×

ハッチの使い方(殺人鬼)

殺人鬼は、開いているハッチを閉められる。閉めると、エンドゲーム・コラプスに突入する

キラーは、開いているハッチを閉めることができます。

ハッチを閉めると、エンドゲーム・コラプスが発動し、サバイバーの残り時間を(最少2分から最長4分に)制限できるため有利に試合を運ぶことができます。

また、ハッチの真上に立つと、サバイバーはハッチに入れませんが、キラーはハッチを閉めることができます。そのため、サバイバーが最後の1人になったときに、ハッチの上に立ってしまえば、ゲートか鍵以外では脱出できなくなります。レイスやピッグなどの心音を消せるキラーならば、ほぼ勝ち確定の状況になりますので、試してみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました