【DbD】新要素「破壊可能壁」解説

【DbD】新要素「破壊可能壁」解説

デッドバイデイライトの「破壊可能壁」について解説します。

スポンサーリンク

破壊可能壁とは?

破壊可能壁とは?

破壊可能壁とは、キラー(殺人鬼)が壊すことのできる壁のことです。

初期状態の破壊可能壁は、壁のため移動できませんが、破壊すると通路になり、誰でも通れるようになります。板(パレット)と同じように、固定位置に生成されるものと、マップのランダムな場所に生成されるものがあります。

※破壊可能壁は、2020年3月11日のアップデート(パッチ3.6.0)で導入された新機能です。

壊し方

破壊可能壁は、倒された板(パレット)と同じように、殺人鬼プレイヤーが「破壊ボタン」で壊すことができます。生存者プレイヤーは、壊せません。通常攻撃や多くの特殊攻撃では、壊せません。破壊可能壁を壊せる特殊能力は、以下の4つだけです。

  1. 「ヒルビリー」のチェンソー攻撃
  2. 「カニバル」のチェンソー攻撃
  3. 「デモゴルゴン」のシュレッド攻撃
  4. 「鬼」のお怒り攻撃

板との違いは、試合開始時からキラーがいつでも壊せることです。キラーの好きなタイミングで壊せるため、壊したほうが有利な壁は優先的に壊すと良いでしょう。一部には、壊さないほうがキラー有利な壁もあります(そのままだと行き止まりで、サバイバーを追い詰められる、など)。

見分け方

破壊できる壁の見分け方

マップ「死んだ犬の酒場」の中には、破壊可能な壁と、破壊できない壁があります。この2つは一見紛らわしいですが、「破壊可能壁」は、パレット(板)と同じように赤と青の補強が貼られているので、良く見れば違いがわかります。

また、生存者パークの「ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ」を使うと、板などと同じようにオーラを視ることができます。殺人鬼パークの「残心の戦術」でも視ることができますが、キラーの場合、近づけば破壊ボタンが表示されるので、パークがなくても破壊可能壁だと分かります。

マップ

2020年6月19日時点で、破壊可能壁が導入されているマップは、次の2つだけです。それ以外のマップでは出現しません。

  1. 死んだ犬の酒場(デススリンガーの固有マップ)
  2. ミルドウィッチ小学校(エクセキューショナーの固有マップ)

今後、他のマップでも実装される可能性もあります。

タイトルとURLをコピーしました