【DbD】新要素「破壊可能壁」解説

【DbD】新要素「破壊可能壁」解説

デッドバイデイライトの「破壊可能壁」について解説します。

スポンサーリンク

破壊可能壁とは?

破壊可能壁とは?

破壊可能壁とは、キラー(殺人鬼)が壊すことのできる壁のことです。

試合開始直後の破壊可能壁は、通り抜けることはできませんが、殺人鬼が破壊すると通路になり、誰でも通れるようになります。板(パレット)と同じように、固定位置に生成されるものと、マップのランダムな場所に生成されるものがあります。

※破壊可能壁は、2020年3月11日のアップデート(パッチ3.6.0)で導入された新機能です。

壊し方

破壊可能壁は、倒された板(パレット)と同じように、殺人鬼プレイヤーの「破壊ボタン」で壊すことができます。生存者プレイヤーには、壊すことはできません。通常攻撃や多くの特殊攻撃では壊せませんが、一部の特殊能力で壊すことも可能です(以下の4つのみ)。

  1. 「ヒルビリー」のチェンソー攻撃
  2. 「カニバル」のチェンソー攻撃
  3. 「デモゴルゴン」のシュレッド攻撃
  4. 「鬼」のお怒り攻撃

板との最大の違いは、試合開始時からキラーがいつでも壊せることです。キラーの好きなタイミングで壊せるため、一部の壁は積極的に壊すことで、キラー有利になります(壊さないとキラーが不利すぎるものもあります)。逆に、壊さないほうがキラー有利な壁もあります(壁を壊さないと行き止まり、など)。

見分け方

破壊できる壁の見分け方

マップ「死んだ犬の酒場」の中には、破壊可能な壁と、破壊できない壁があります。この2つは一見紛らわしいですが、「破壊可能壁」は、パレット(板)と同じように赤と青の補強が貼られているので、良く見れば違いがわかります。

また、生存者パークの「ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ」を使うと、板などと同じようにオーラを視ることができます。破壊可能壁に関係するパークを、以下に一覧で掲載します。

強調表示できるパーク破壊可能壁に関係するパーク
生存者パーク「ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ(旧名:好機の窓)」ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ鬼の固有パーク「残心の戦術」残心の戦術生存者パーク「警戒」警戒トラッパーの固有パーク「野蛮な力」野蛮な力ナイトメアの固有パーク「ファイヤー・アップ」ファイヤー・アップ
生存者殺人鬼生存者殺人鬼殺人鬼

出現するマップ

破壊可能壁は「死んだ犬の酒場」で最初に導入され、多くのマップで追加で導入されています。2021年2月時点で破壊可能壁が出現するマップと出現しないマップを以下の表にまとめています。

破壊可能壁あり破壊可能壁なし
  1. コール・タワー
  2. アイアンワークス・オブ・ミザリー
  3. サファケーション・ピット
  4. グロウニング・ストアハウス
  5. ブラッド・ロッジ
  6. アザロフの休憩所
  7. レッチド・ショップ
  8. ガス・ヘヴン
  9. ディスターブド・ウォード
  10. ファザー・キャンベルズ・チャペル
  11. バダム幼稚園I~V
  12. ザ・ゲーム
  13. ファミリー・レジリエンス
  14. オーモンド山のリゾート
  15. 死んだ犬の酒場
  16. ミッドウィッチ小学校
  1. シェルター・ウッズ
  2. レッカーズ・ヤード
  3. ロトン・フィールズ
  4. トンプソン・ハウス
  5. トーメント・クリーク
  6. ランシッド・アバトワー
  7. フラクチャード・カウチェッド
  8. ランプキン・レーン
  9. マザーズ・ドゥエリング
  10. 浄罪の神殿
  11. 治療シアター
  12. ペイル・ローズ
  13. おぞましい貯蔵室
  14. 怒りの聖所
  15. 地下施設
現時点で、破壊可能壁が導入されていないマップにも、今後導入される可能性があります。ただし、「シェルター・ウッズ」「レッカーズ・ヤード」「怒りの聖所」の3マップは、破壊可能壁の追加が見送られたため、今後追加される可能性は低いと思われます。
タイトルとURLをコピーしました